<<出演>>
DJ IRONIK & HAYNZY (from UK)
Tokyo Funky Dolls
ハレルヤシスターズ
 and more…

*出演順は未定です。

チケット料金:前売¥2,500 当日¥3,000 (当日別途ドリンク¥500が必要です。)

原宿アストロホール

Address:東京都渋谷区神宮前 4-32-12 ニューウェイブ原宿 B1
Tel:03-3402-3089

Access:JR山手線「原宿駅」徒歩約6分
           東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」5番口から徒歩約2分 
 map:

 
   

今すぐご予約を!

 ARK Official予約受付中!
(クレジット決済の場合はコンビニ引取可)

     

DJ IRONIK

HAYNZY
With two top 5 singles, one top 10 single, a top 10 album, and over a million record sales, chart topping, "Best UK Act" nominated 26yr old DJ Ironik's admirers include Tom Cruise, Sir Elton John (due to the collaboration the pair have done on 'Tiny Dancer' in 2009) and even Prince Charles.

He has mentored and produced some of the biggest names in British urban pop, his debut album spawned hits everywhere from India to Sweden squeezing in over 370 performances in to his hectic schedule in the last two years alone, including performances at Glastonbury, T4 On The Beach Main stage, MOBO Awards, National Movie Awards, iTunes Festival, 02 Arena, 02 Academy venues and even Buckingham Palace for an exclusive performance for The Queen.
In 2010 DJ Ironik's popular track 'Tiny Dancer' featuring Elton John and Chipmunk was also used for the movie 'Street Dance' sound track and was quoted as the influence for the movie.

With 200 thousand followers on twitter, facebook and Instagram combined and 30 million views on youtube, this year looks like it will be another big one for the DJ/Producer/Rapper.

His E.P 'Independently Unstoppable', which peaked at number 15 in the iTunes charts, is an urban pop gem sprinkled with surprising special guests including Loick Essien, Lemar & more. The full length album is to come and the latest EP ’Ticking Off Boyhood Dreams’ which also charted in the iTunes top 20 is out now!
Haynzy (Matthew Haynes) is a cool, young, fresh new style of British Urban artist hailing from North London. The singer/songwriter’s style infuses mixing smooth, melodic, edgy vocals with hard hitting and creative urban beats. He has released a number of urban and club hits and worked with UK artists including Crazy Cousins, Boy Better Know and Scorcher, to name a few.
Growing up in North London, the talented 26 year old follows a successful line of UK artists to stem from the area in particular, Skepta, Scorcher, JME, Frisco, Chipmunk and Wretch 32. Haynzy began singing backing vocals for artists like Raghav and Darren B. before recording and releasing his own records under Music Company and record label Creating Monsters. Haynzy’s Irish and Barbadian mixed background influences his creative and edgy sound, mixing dubstep elements with grime, rap and hard hitting urban beats with a blend of smooth top lines and vocals. Haynzy’s relatable topical issues of relationship troubles and love tell a story that relates to males and females alike and his guitar infused records seem to be a favourite amongst fans.
Haynzy has already received credible recognition for his contribution to music as a Nominee for the Spirit of London Award for achievement in music. He has performed at prominent venues across the country including the O2 arena in London and delivered his international debut with the band of award winning American RnB singer Neyo in Atlanta for the annual Independence Day celebrations.
Haynzy has appeared on many of the major UK network music channels including Kiss, MTV Base, Flava and Channel AKA, received national radio plays from BBC Radio 1xtra, Capital Xtra, Kiss Fm and he has worked with the likes of Scorcher, Teezy, Frisco, Jammer, BBK, Crazy Cousinz, Aidonia, Aggro Santos and DJ Ironik.
Haynzy will definitely be one to watch rise with his forthcoming E.P’s and Albums as he sets out to inject some fresh, hard hitting and sensual energy into the UK music and club scene, whilst swooning to his guitar and smooth melody infused festival smashes!
 
トップ5入りしたシングル2つ、トップ10入りしたシングル1つ、トップ10入りしたアルバム1つ、そして100万枚を超える売り上げを達成しヒットチャートのトップを飾るのは、「Best UK Act」賞にノミネートされた26歳のDJ Ironik。彼のファンには、トム・クルーズ、エルトン・ジョン卿(2009年の『Tiny Dancer』で2人がコラボレーションしたことが発端)、そしてチャールズ皇太子までいます。

彼はこれまでにイギリスのアーバン・ポップ分野で活躍する著名人の指導やプロデュースをいくつか手掛けており、またデビュー・アルバムはインドからスウェーデンにおよぶまで幅広くヒットし、彼は過去2年間だけでも370件を超える公演数という多忙なスケジュールを抱えています。グラストンベリー・フェスティバル、T4 On The Beachメインステージ、MOBOアワード、ナショナル・ムービー・アワード、iTunesフェスティバル、O2アリーナやO2アカデミーといった会場での公演が含まれ、イギリス女王のためにバッキンガム宮殿で特別に公演を行ったことさえあります。
また2010年には、エルトン・ジョンとChipmunkがゲストアーティストとして参加したDJ Ironikの人気トラック『Tiny Dancer』が映画『Street Dance』のサウンドトラックに採用され映画に影響を与えたとされています。

Twitter、Facebook、Instagramのフォロワー合計数は20万人にのぼり、YouTubeでの閲覧数は3000万回を記録しました。今年もDJ兼プロデューサー兼ラッパーの彼にとって多忙な1年になりそうです。

iTuneチャートで15位を獲得した彼のEP『Independently Unstoppable』は、Loick Essien、Lemar、その他スペシャル・ゲストによる意外な出演が諸所に散りばめられた貴重なアーバン・ポップ作品です。まもなくアルバム全編が発表されますが、同じくiTunesチャートでトップ20位入りした最新EP『Ticking Off Boyhood Dreams』はすでに発売中です!
Haynzy(マシュー・ヘインズ)はノースロンドン出身の若く、クールで斬新なイギリス都会派のミュージシャンです。そのシンガー・ソングライターとしてのスタイルは、パンチのきいた独創性のある都会風ビートとともに、快いメロディックで刺激的なボーカルの味わいを表現しています。彼はたくさんのアーバンヒットやクラブヒットをリリースしており、2〜3の例を挙げるとCrazy Cousins、Boy Better Know、Scorcherなどのイギリスのミュージシャンと仕事をしてきました。
ノースロンドンで育ったこの才能のある26歳のミュージシャンは、特にSkepta、Scorcher、JME、Frisco、Chipmunk、Wretch 32などの成功したイギリス人ミュージシャンの流れをくんでいます。Haynzyは、Music CompanyやレコードレーベルCreating Monstersで自分のレコードを出す前、RaghavやDarren B.のようなミュージシャンのバック・ボーカルの仕事を始めました。アイリッシュとバルバドスの混血という素性がHaynzyの独創性のある刺激的サウンドに影響を与え、ダブステップの要素とグライム、ラップ、ハードヒット・アーバンビートが混じり合い、耳に快いトップラインとボーカルのフュージョンになっています。Haynzyの人間関係や恋愛トラブルなどの注目を集める話題は、男性、女性を問わず、彼のギターが吹き込まれたレコード同様にファンの間で人気があると伝えられています。
Haynzyは、the Spirit of London Awardの音楽部門賞にノミネートとされ、すでにその音楽的功績について確かな評価を受けています。彼はロンドンのO2アリーナを含む全国の有名な会場で公演を行い、独立記念日のお祝いのために毎年開催されるアトランタのコンサートでアメリカのR&Bシンガー、Ne-Yoの受賞歴あるバンドと海外デビューを果たしました。
Haynzyは、Kiss、MTV Base、Flava、Channel AKAを含めイギリスの主要なネットワークに出演しました。また、BBC Radio 1xtra、Capital Xtra、Kiss Fmからラジオ全国放送への出演要請を受け、Scorcher、Teezy、Frisco、Jammer、BBK、Crazy Cousinz、Aidonia、Aggro Santos、DJ Ironikのようなミュージシャンと一緒に仕事をしました。
ギターの響きと祭りの熱狂が込められた快いメロディーに恍惚とさせながらフレッシュでパンチのきいた官能的エネルギーをイギリスの音楽やクラブシーンに吹き込もうとしているのですから、Haynzyは間違いなく、近日発売のEPとアルバムの人気上昇を目にすることになるでしょう。
 
For more info check out:

WWW.TWITTER.COM/DJIRONIK
WWW.YOUTUBE.COM/DJIRONIKOFFICIAL
WWW.FACEBOOK.COM/DJIRONIK
WWW.INSTAGRAM.COM/IRONIKDJ

 
 

  

 

<< HOME >>